【中国】「防空識別圏はもはや張子の虎では?」


中共の防空識別圏は数少ない支援国韓国も疑念の中に追いやった。
今回の試みは、南支那海でも実行される事が懸念される。

中共は自国の存立に周囲を併呑して安寧を得る目的であろうが、
国内のチベット、ウイグル、内蒙古は元来が別の国家であった。

旧満州はいまは、中共が簒奪してしまった。満州族は現在1000万人も
存在するであろうか、日本国が侵略したと言うが、日本国は旧満州の地に
満州国を建国して。満州族の国を守護した。強盗にも等しい盗人は
中共である。

いま、その成功裏に収めた所業をチベットとウイグルに活用しているのは
想像に難くない。習近平こそ、ヒットラーの代役、中共は支那大陸に
ホロコーストを実現させた。恐るべき蛮勇である。

アメリカの支持を得て、中華民国から国連常任理事国の掛け変えをなしたが、
中共には相応しくない。速やかに辞任せよ。
他国を侵略し、民衆を苦しめるは人権の侵害は甚だしい。
中共は尚も版図を広げようと画策する。

その第一歩が遠洋海軍の創設である。
尖閣侵略は、これが益々強まる侵略の一過程に過ぎない。
既に、世界は中共の野望に、チヤイナリスクに目覚めている。


防空識別圏a2


【中国】「防空識別圏はもはや張子の虎では?」中国外交が屈辱的大敗北 国際的に完全孤立し自衛隊機にも手出せず[11/28]

1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/11/28(木) 23:28:26.40 ID:???
国際社会を震撼させた中国の「防空識別圏」設置問題だが、発表から1週間を待たずして、
早くも中国が「詰み」の状況に陥りつつある。日本、米国にやすやす圏内の通過を許したばかりか、
肩を持ってくれる仲間も現れず、集まるのは各国からの反発ばかりだ。
あまりに不甲斐ない「習外交」に、中国国民からもため息が聞こえ始める。

「米国の軍用機の通過を許し、日本からもフライトプランの提出を拒絶されている。
もはや防空識別圏は『張り子の虎(紙老虎)』と思われているのでは」

海外記者からの質問に、中国外務省の秦剛報道官は不快の色を隠さなかった。
毛沢東の「名言」として知られる「すべての反動派は張り子の虎である」を、
よりにもよってこんな形で持ち出されたからだ。秦報道官は、硬い口調でこう返すばかりだった。

「強調したいのは、中国政府には国家の主権と安全を守る決意と能力があるということだ。
防空識別圏もまた、有効に『コントロール』されている」


張り子の虎――そんな屈辱的質問を、すっぱり否定できないのが中国の現状だ。
この前日の2013年11月26日(日本時間)、米国の爆撃機B52は、中国が設定した防空識別圏を悠々と通過していた。
事前通告なしに侵入すればスクランブル(緊急発進)をかける、とあれほど予告していた中国だが、
実際にはスクランブルどころか接触もなし。

米国だけならともかく、28日には日本の自衛隊機も、この空域でこれまでどおりの警戒飛行を続けていることが明らかになった。
航空会社に対し求めてきたフライトプランも、いったんはJALやANAなどから提出を取り付けたものの、現在は拒否されている。
それでも、中国が直接行動に出る動きは見られない。元々専門家からは、
「中国には航空機侵入をキャッチできる能力はない」と指摘されていたが、それを裏付けた格好だ。

周辺国からの反発も強まっている。日本、米国はもちろんのこと、オーストラリアからまで、
「緊張を高めるあらゆる行為に反対する」(ビショップ外相)と強い批判を向けられた。中国側も「関係ない」
と突っぱねたものの、さらに再反論を受けるなど、思わぬところに「敵」を作った形に。
「友好国」と見込んでいた韓国も反応は冷たく、中立を決め込む。
台湾を味方に引き込もうともするが、現時点では明確な支持を得られていない。

海外メディアも連日、詳細な分析を掲載するが、ほとんどは中国に対し否定的だ。米ワシントン・ポストは28日、
「中国の防空圏設置の動き、逆効果に」と題した記事で、
「米国がすばやく日本の側についたのは、中国にとって誤算だった」との識者の見解を紹介、さらに今回の行動が、
アジア諸国から中国が得つつあった信頼を後退させたと論じた。

外交評論家の宮家邦彦氏も、28日放映の「朝ズバッ!」で、
「(海外からの批判が)わかっていたらこんなバカなことはしない」
「外交的に大失敗ですよ。世界中を相手にして孤立している」

と呆れたように切って捨てる。

一方、中国の世論はこうした「圧迫」にいっそう激しく沸騰している。中国紙・環球時報が26日に発表したネット調査の結果では、
防空識別圏に外国機が「侵入」した場合、59.8%が「警告の上、実弾を撃ってやれ」と回答した。
それだけに、米軍機などをみすみす「取り逃がした」ことには、
「米軍機が我が国の防空識別圏を飛んでいるというのに、なぜ戦闘機を飛ばしてそれを止められなかった? 
これは重大な職務怠慢ではないのか?」(北京在住の微博ユーザー)

などと憤る人々が少なくない。

挙句の果てには、こんなジョークまで流行っているそうだ。

「B52をなぜ撃墜できなかったのか? 確かな筋からの情報だが、実は捕捉してミサイルも発射していたんだ。
ところが、そこでB52のパイロットが、『中国の高官が米国に持っている預金のリストを、今からそちらに送信しようかと……』。
言い終わらないうちに、ミサイルは方向転換しちゃったんだとさ」

http://www.j-cast.com/2013/11/28190332.html?p=all


【中国防空識別圏】
韓国内で対中友好ムード一転、警戒心 防空圏の変更拒否で

2013.11.28 22:33 [アジア・オセアニア]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131128/kor13112822340006-n1.htm

 【ソウル=加藤達也】中韓国防次官級戦略対話で、韓国側は中国が設定した防空識別圏の変更を求めたが中国側に拒否された。韓国のメディアや政界には、6月の中韓首脳会談を機に高まった両国の友好ムードから一転、中国への警戒心や不満が広まりつつある。

 韓国側は今回、中国側から「配慮ある言質」(韓国外交筋)を引き出す狙いだった。しかし、防空圏の変更どころか問題を協議する機関の設置など、提案は中国に一蹴された形だ。

 28日の会見で、記者団から今後の対中国戦略について問われた国防省報道官は、「後ほど検討する」などと繰り返し、国民やメディアを納得させる対中戦略がないことを露呈。韓国政府の対中“弱腰”への批判や、中国警戒論などが強まることは必至だ。

 日本同様に米国と同盟関係にありながら習近平政権との蜜月ぶりを強調し、「均衡外交」による安定を政権の成果としてきた朴槿恵(パク・クネ)政権には、強硬姿勢を取りにくいのが実情だ。

 米国が中国の防空圏内に戦略爆撃機を飛行させたことを明らかにすると、韓国も海軍の哨戒機を飛ばしたことを公表。中国牽制(けんせい)で足並みをそろえていることをアピールしたが、韓国政府には中国の出方に困惑が広がっている。

 韓国外務省報道官は28日の会見で、「(防空圏という)特定懸案をもって全体を評価するより、さらに(外交成果)全体をみたほうがよい」と述べ、当面、中国に強硬な外交姿勢は取らない考えを示した。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
161位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR