日本はに知られたくない韓国「5つの反日タブー」 vol.01

韓国政府は、日本国の世論に対抗するとして、週刊誌に対して、全面的に戦うようである。

日韓の情報戦争の第一線は週刊誌の面々が担う事となった。

「韓国は馬鹿だ」と言う週刊文春の記事から、週刊誌の特集記事には秀逸な文面が溢れる。
新聞メデイアとテレビメデイアは?と疑問に成る。
韓国紙が言うには、そこは既に、征服した地点だと言う。(なるほど)


日本はに知られたくない韓国「5つの反日タブー」 vol.01
デジタル大衆 2013年12月9日 07時00分 (2013年12月10日 11時42分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20131209/Taishu_politics789.html
従軍慰安婦の次は、標準時間の変更――。

韓国の与党・セヌリ党の国会議員は11月21日、日本の標準時使用を改め、韓国本来の標準時に変更する法律改正案を韓国議会に発議した。
「ソ ウルの日本大使館前に従軍慰安婦像を設置するだけにとどまらず、今年に入り、カリフォルニア州のグレンデール市をはじめ全米で、慰安婦像を設置する運動が 広がっています。これは韓国系アメリカ人の自発的行為だと見なされていたんですが、【政府のバックアップがあった】と一部メディアが報じています。つま り、国家ぐるみだった可能性があるんです」(外信部記者)

それが今度は標準時間を変更すると言い出した。
日本海を「東海」と言い換え、竹島を不法占拠し続けるかの国は、度し難い「反日病」に冒されているようだ。
「ま さに"反日無罪"。ひとたび、反日に火がつくと理屈も損得も抜きなのが、この国の特徴です。平時より反日的振る舞いをする人はさすがに少数ですが、そうし た"一般市民"でも、一朝事あらば一気に燃え上がる。日韓関係は過去最悪の状態と言ってよいでしょう」(ソウル在住の日本人商社マン)

また韓国国内では、朝鮮半島出身者の戦時下における軍需工場等への徴用をめぐり、日本企業に賠償を命じる判決が相次いでいる。

これに対して日本の経団連は「深く憂慮する」という声明を出しているが、それもそのはず。
1965年に締結された日韓基本条約で、日本から韓国への5億ドルもの経済協力と引き換えに、日本への賠償請求権は完全に消滅しているからだ。

国家間の条約を無視してまで強硬姿勢を打ち出すのは、朴槿恵(パククネ)大統領の"反日命"の外交政策によるものだろう。
「朴大統領はアメリカ、欧州と、外遊先で日本の悪口を言いふらしています。欧州から帰国するや、今度は訪韓した中国首脳に対し、ハルビン(中国黒竜江省)に安重根(アンジュングン)の記念碑を建立したいと申し出ました」(前出・外信部記者)

このように、絶え間なく反日政策を実行し続ける朴大統領だが、実は日本人に知られたら都合が悪い"秘密"を抱えているという。

その1つ目が、安重根の正体に関するもの。
ご承知のとおり、安は1909年10月26日、ハルビン駅で初代韓国統監を務めた伊藤博文(初代内閣総理大臣)を殺害して処刑された。
一国の政治家を暗殺したわけだから、安を「テロリスト」とするのが国際社会では正しい認識のはずだ。

当然、そんな人物の記念碑を建立することに日本政府は猛反発。

菅義偉官房長官は「(彼は)犯罪者だ」と抗議してみせた。

ところが、この菅発言に韓国政府は「歴史に逆行する妄言」(外交部・趙泰永(チョテヨン)報道官)と反論。
記念碑建立を強行しようとしている。
安の記念碑は、日韓の新たな政治問題に浮上してきているのだ。
「韓国で安重根といえば、独立運動の絶対的な英雄。韓国国内で安の批判は許されません」(前出・商社マン)

ところが、その韓国の"国民的英雄"の正体こそ、韓国が抱える最大のタブーなのだという。

時事通信社元ソウル特派員で、ベストセラーとなった『悪韓論』の著者・室谷克実氏は、こう指摘する。
「安重根は両班(ヤンバン)と呼ばれる貴族階級の出身。彼らは600年にわたって李氏朝鮮を支配してきた階層です」

全人口の1割にも満たない両班たちによって、朝鮮の民衆は600年もの長きにわたり搾取され続けてきたのだ。
「こ うした両班支配を打破しようと、1894年に朝鮮で東学党の乱という農民反乱が発生しました。このとき両班出身である安は、反乱軍の兵士らに追われ教会へ 逃げ込んだと言われています。ただ、両班階級の者がすべて農民らに追われていたのかというと、そうではない。安の場合、両班のなかでも、さらに"タチの悪 い両班"だったのではないでしょうか」(前同)

もうひとつ、この韓国の"英雄"に関して、朴大統領らが耳をふさぎたくなる歴史的事実をお伝えしておこう。

39年10月というから、まだ太平洋戦争が始まる前の話。
当時の新聞に、安俊生(アンジュンセン)(安重根の次男)が、伊藤博文が祀られた寺を訪問したと報じられているのだ。
「安俊生はそこで、伊藤の墓前に頭を下げました。そのあと、ソウル市内のホテルで伊藤の次男・文吉に会い、"父の罪を私が贖罪したい"と話したことが報じられています」(韓国近代史の研究者)

安重根の記念碑を建立しようという朴大統領は、はたしてこの事実を知っているのか。

さらに、彼女にとって耳の痛い、2つ目のタブーを紹介しよう。
それは、李王朝時代の韓国が、当時の日本と比べて技術的に大きく遅れを取っていたことだ。

朴大統領は「韓国は優れた創造DNAを持った民族。韓国は世界で最も短い期間に100万号特許登録を実現した」と豪語している。
ところが、日本の室町時代、その"優れた創造DNA"を持っているはずの韓国には、寸法どおりに木材を切る技術すらなかったというから驚きだ。

前出の室谷氏が言う。

「『朝鮮王朝実録』という朝鮮の史料に、1429年に実施された第1回朝鮮通信使の報告が載っています。その史料の中で通信使は、日本の優れた技術に驚嘆しているんです」

特に朝鮮通信使が感嘆したのは、揚水水車の技術だったという。

通常、水車といえば足踏み式。
ところが当時の日本では、流れる水を動力源として、水を自動的に汲み上げるタイプの水車(これを揚水水車という)を完成させていた。
「帰国後、通信使は配下の学生に作り方を学ばせ、国王には模型まで提出し、揚水水車の導入を進言しています。進言は容れられ、次の王、その次の王の時代にも揚水水車を作ろうとしますが、最後まで作ることはできませんでした」(前同)

作れなかったのは揚水水車だけではない。
朝鮮では水が漏れない桶や樽も作れなかったので、女たちは重たい甕(かめ)を頭に載せて水運びをしていたという。
「し かも、それから334年経った江戸時代の話。11回目となる朝鮮通信使が日本にやって来ました。そして、またしても淀川にあった日本の水車を見て、驚嘆し たと報告しているんです。結局、300年以上経っても、彼らの技術では揚水水車ひとつ作れなかったことになりますね」(同)

残念ながら、この話からは"優れた創造DNA"の片鱗は確認できない。

李王朝時代の話では、さらなるタブーが存在する。
韓国で爆発的な人気歴史ドラマとなった『宮廷女官チャングムの誓い』の歴史捏造が、それだ。

韓流ブームにあやかり、日本でもNHKが放送してブームとなったため、記憶されている読者も少なくないだろう。
「内 容が史実か否かというより、問題はドラマの歴史考証にあります。『チャングム』では、登場人物が着る艶やかな衣装など、色彩感に溢れる世界が描かれていま す。これが、まるでデタラメ。李氏朝鮮の時代に使用されていた顔料は、陶磁器に使う青・黒・赤の3色だけだったんです」(前出の研究者)

このドラマの売りは、華麗な李氏朝鮮文化。
つまり、朝鮮の文化水準がいかに高いかを宣伝するために制作されたとも言える。

これがまったくの捏造だったとしたら、鼻白んでしまうだろう。
しかも、当時から漢字識字率は低く、韓国人の場合、現在でも大学生でさえ4割の者しか、自分の氏名を漢字で書けないという。
「よく"朝鮮は文化面で日本の先生"だと言われますが、これは誤りです。たとえば稲作の伝来。これは中国の江南地方から直接、日本に伝来したというのが正しく、朝鮮半島経由説は、稲のDNAの研究から現在では完全に否定されています」(前同)

ただ、なにゆえ李王朝の技術水準は停滞してしまったのか。
室谷氏によると、両班という特権階級が600年にわたり、国を支配してきた政治体制に問題があるという。
「李氏朝鮮時代の両班の伝統は、北朝鮮にも韓国にも受け継がれています。北朝鮮においては朝鮮労働党の党員が現代の両班、韓国ではサムスンやヒュンダイと いった財閥系企業に勤める人間が両班階級と言えます。李氏朝鮮時代の両班は儒教を絶対視してこの解釈を独占、特権的地位を固め、労働はすべて奴隷にまかせ てきました。こうした社会では、職人の魂とか物作りの喜びは生まれません。したがって、技術が停滞したのではないでしょうか」(室谷氏)

その"負の遺産"は、現在の韓国企業にも引き継がれているという。

12月11日公開のvol.03に続く・・・。

週刊大衆12月16日号
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
261位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR