スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“皆殺し”に中国人激怒



【外信コラム】“皆殺し”に中国人激怒 「わがふり直せ」と言いたい


 米ABCテレビのトーク番組(10月16日放送)で中国人を侮辱する発言があったことに、在米中国系住民はもとより本国の中国人までが大激怒している。

 司会者のジミー・キンメル氏が4人の子供に「米国は中国に1兆3千億ドルの債務を負っているが、どうしたらいい?」と質問。6歳の男児が「中国人を皆殺しにする」と応じ、キンメル氏が「面白いアイデアだ」と発言したのが発端だ。

 400万人を超えたとされる中国系住民からの抗議殺到にABCや司会者も謝ったが「誠意が足りない」として、騒ぎは拡大するばかり。中国紙は11月9日の全米のデモに計3万人以上が参加したとしている。

 中国メディアも大きく報じ、国際情報紙「環球時報」(11月11日付)は「中国世論は“中国人皆殺し”への抗議を支持すべき」との社説を掲載した。

 こうした報道を目にするたびに昨秋、中国各地で荒れ狂った反日暴動を想起せざるをえない。野田政権の尖閣諸島国有化に抗議するために「日本人を皆殺しにしよう!」との言葉がネットやプラカードにあふれ、日本企業の工場や店舗が破壊の限りを尽くされた。

 だが、司会者の発言を糾弾する一方、中国政府やメディアにあの暴虐を謝罪する気配は皆無だ。「人のふり見てわがふり直せ」と言いたい。(山本勲 「北京春秋」)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
293位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。