北朝鮮では№2が処刑され、日本では司令官の空将補がセクハラで懲戒処分

北朝鮮の粛清事件は中共の北朝鮮国境付近の軍事演習まで発展した。
習近平と金生恩の関係の修復までが、一連の流れであろう。

アメリカがウクライナへの制裁を検討しているとの記事も気に掛る事である。
オバマと習との間の事である。オバマはお冠と評するべきであろう。
防空識別圏に対する、外国新聞の報道は総じて厳しいものがある。

習近平の国では、大気汚染が航空機の運行に支障が生じている。
なるほど、空気が清浄な日本国に嫉妬心を燃やすのも道理である。
沖縄沖で空中戦が始まる前に、支那大陸で軍用機が失速するのは壊滅的な事である。
日本の福岡でも、基準値を大幅に越して、中共に善処するよう求めるべきである。
中共国内の環境が侵略の最初では、話にもならない。中共から流れるものは、悪意に富んでいる。

大気汚染は目に見える物だけに、共産党の威力でも、誤魔化しは効かない物と見える。
こんな国を、いまだにODAなどと、朝貢する気が知れない。
環境援助など、猛烈に反対する。

北朝鮮では№2が処刑され、日本では司令官の空将補がセクハラで懲戒処分
http://n-seikei.jp/2013/12/post-19378.html
先般、北朝鮮の国会議場で、豚マン坊ちゃまの金生恩の叔父であり実質№2であった張成沢氏が、連行される姿が生々しく放映されていた。12日北朝鮮は特別軍事法廷を開催、「祖国に反逆した逆賊だ」として死刑判決を言い渡し、直ちに機関銃により死刑が執行されたという。

 張氏の罪の裏側は、やはり利権問題、軍の利益までちょっかい出したようで、 張氏の得意技は、利権に基づく、女遊びともいわれ、裏で、女・酒・麻薬に溺れ、最後はクーデターの罪まで着せられたようである。既に張氏取り巻きの高級官僚は死刑執行されていた。 
こうした中、中国へ逃れ、韓国への亡命を打診している張氏取り巻きの高級官僚からの情報により、一連の張氏失脚報道が韓国側からも出されていた。

張氏は、金生恩の叔父といっても、父親の金正日の妹の夫、この夫婦は、昔から張氏の女遊びが過ぎて別居しており、妻も夫の女遊びにはへきへき。今回は、その叔母の意向も力にならないどころか、叔父・叔母・兄弟さえ、いつ濡れ衣を着せられ、処刑されるかわからないとんでもない国が北朝鮮の実態。叔母は黙視していたようである。

  中国の意向を受け実践してきた張氏の経済改革、北朝鮮では、すでに貿易による個人所得増を奨励、個人であれ、企業であれ、一定以上の輸出での売上高の利益は、個人収入にしてよいとする経済自由化路線を敷いていた。最近の北朝鮮の報道では、多くの人が携帯電話・タブレットを持ち、屋内プール施設で遊んでいる姿がよく紹介されていた。

しかし、この経済自由化路線で民間人の所得が、最高であり続ける軍人の所得より既に多くなりはじめ、不満とプライドを傷つけられた軍部の中には、こうした動きが退廃的にも見え、不満が鬱積、今回の軍部による張氏に対するクーデターが執行されたと見られる。 
 
張氏は、中国人脈に長け、精通しており、今回の処刑により、北朝鮮は中国との関係を悪化させたことになる。北朝鮮では、再度時計の針が巻き戻され、いつ何時、韓国に対して攻撃をしてくるかまったくわからない事態となっている。

<日本では>
一方、日本では、尖閣あり、竹島あり、北方領土ありと緊張状態が続く。
その前線に立つ自衛隊諸君。なんと、岐阜県各務原の基地にある航空自衛隊飛行開発実験団の司令の空将補(53)が、宴会の席などで、複数の部下(男?女?)の体を触りまくっていたとして、司令官を更迭され、停職5日間の懲戒処分を受けていたことが判明している。
飛行開発実験団は、航空機やミサイルなどの試験を行う約600人の部隊。その司令官だった。

北朝鮮同様、自分のミサイルをあっちこっちで関係なく発射されたら、危なくてかなわん。

[ 2013年12月13日 ]
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
161位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR