靖国神社参拝に関する、民主党議員の誤解

民主党の有力な国会議員、有力な政治家の歴史認識にも興味が引かれる。

忠臣蔵と靖国神社参拝とは、何の縁もゆかりも無いと思います。
平穏な日常から大きな災いが湧き起こって、対処せざるを得なかった。
それが、現状の中共による戦争への圧迫とどの様に関連するものか、
見当が付かない。あだ討ち、討ち入りと日本国防衛とは何の関係も無い。

主題は、安倍晋三首相の12月16日の靖国神社参拝です。
政治家にしては、中共や朝鮮半島の情勢に関しての判断が少ないのが
気になります。国際情勢は、問題の大きな焦点です。
中韓が批判するから、靖国神社参拝はいけないとするのが、メデイアの理屈です。

今回はアメリカの失望が大きな国際情勢の観点になります。

A級戦犯とは、東京裁判史観に関わる要点で、さらりと言う割には、歴史的観点に
乏しい不都合が存在する。A級戦犯は存在しないのに、誰が戦犯を指摘するか、
しかも、戦争責任の所在は戦後の最大のテーマです。

戦後体制の評価が抜け落ちて、これ以上評論するのは、流石に気が引ける。
東京裁判は、連合国によるリンチである。歴史の評価には正しく応じるべきである。
終戦への行動と開戦の決断と、その後の変化が現在を形作っている。
事実認識が希薄な印象は避け難い。

大きな不明は、天皇陛下の靖国神社参拝に関してであろう。
富田メモなど、大きな話題にもなったが、A級戦犯合祀が問題ではなく、
天皇が国民の間に、政治的分断を容認しなかった為と理解している。
大御心は国民に等しく注がれていると言う感動を抜きにしては理解不能であろう。

民主党政権は天皇に敵対した組織政党であると認識している。
小沢の特例会見を阻止し得ない不都合が、習近平の横暴を産んだと思わないのか。
民主党政権下で、日本国は舐められたのである。その尻拭いを、安倍晋三首相の
率いる自民党に任せて、高みの見物とは、いい御身分である。

安倍晋三政権の具体的な、平和への法律制定に反対して、日本国民を以下に守るかの
具現も出来ずに、政治家でございは、呆れてものも言えない。
開戦当時の状況は、アメリカの意志と中共の意志は奇妙に一致を見る。

一体、戦争責任とは、何か、

A級戦犯が最大の問題と看過するやからには、到底、真実は知り得ない。

民主党政権が下野する原因は、細野氏の認識に原因がある。
貴方には、代議制民主主義を委任する者は、特定の人間に限られる。

何が、空気だ、国民の生命と財産を預かる決意は、空気で変わり得る様な代物ではない。
戦争責任を明確に認識してこそ、政治家の意志は強まるのである。
民主党議員は、名利を求めて、国民に愛想を衝かれたのではないか。


細野豪志
2014年01月03日 09:00
忠臣蔵から 靖国について私の考え
http://blogos.com/article/77169/

元旦に引き続き、忠臣蔵です。靖国についても書きます。
義理と人情、武士の生きざまを描いた仮名手本忠臣蔵では見ることのできない「揺らぎ」を描いたのが、平田オリザさんが書き下ろした演劇「忠臣蔵」です。傑作でした。
(以下、ネタバレがあります)
芝居は、浅野内匠頭の家臣二人が書類の処理をしているところから始まります。主君の刃傷沙汰を知り、二人は驚愕します。そこに次から次へと現れる家臣た ち。主君の切腹、お家断絶を知り、動揺が走ります。やがて、井戸端会議風の議論が始まります。路頭に迷う自らの身を案じる者、幕府に抗議をすべく籠城を唱 える者、仇討を果たすべく討ち入りを主張するもの。家臣たちの議論がまとまる様子はありません。
関ヶ原の合戦が終わって100年。家臣たちは武士ではありますが、戦いを知りません。剣道の稽古はしていても、日常は役人として働いているわけですから、さもありなん。討ち入りに現実味はありません。
そこに現れたご家老・大石内蔵助に家臣たちの目は集まります。ところが、この内蔵助、家臣たちの発言を聞くだけで、何ら具体的提案をする様子がありません。議論は再び行ったり来たり。歌舞伎のそれと違って、内蔵助に決断力はありません。
討ち入りに成功したら武士としての評価が上がり、他家での仕官の確率が上がるという家臣の発言をきっかけに討ち入りが急浮上します。空気を察知した内蔵助が、有志による自主的討ち入りを提案し、何とそれが結論となります。
我々の会議も、時として侃々諤々の議論より空気が結論を支配することがあります。オリザさんの「忠臣蔵」は、日本人の特質を実に巧妙に描いた作品で す。オリザさんは、愛情を持ってその姿を描いていたのか、危機感を持って描いたのか、そこは定かではありません。私は、そうした日本人の、よく言えば「し なやかさ」、悪く言えば「優柔不断さ」が嫌いではありません。
しかし、太平洋戦争もこうした空気が支配した結末だったとしたら、こんなに罪深いことはありません。一般人ならまだしも、政治家が重要な決断を行う場合、空気に支配されるようなことがあってはなりません。
年末、安倍総理の靖国参拝が大きな騒ぎとなりました。諸外国からの批判があっただけに、私自身は「外交は水際まで」との思いから、声高に論評する気持ちにはなりませんでした。年が明けて少し議論が沈静化しましたので、改めて書きたいと思います。
最大の問題は、A級戦犯が靖国神社に合祀されている問題をどう見るかです。靖国に合祀されている戦争責任者の中にも、広田弘毅を筆頭に日本の国益を 考えて行動した人はいました。しかし、国内外のおびただしい人命を犠牲にし、国土を焼け野原にしたのは厳然たる事実であり、その戦争を阻止することのでき る立場にあった人たちは、結果に対する責任を免れることはできません。国家は国民を守るためにあります。それがいつの間にか、国家のための国民になり、国 民の命を軽んじるようになってしまった。やはり、あの戦争は間違っていました。
その誤りを認め、責任の所在を明確にしたのが東京裁判であり、その判決を受け入れることを前提として、わが国はサンフランシスコ平和条約を受け入 れ、国際社会に復帰することができました。戦争責任を正面から認めるのであれば、戦争責任者が合祀されている靖国神社に国の責任者である総理が参拝するの は筋が通りません。
安倍総理の中には、この戦争責任を正面から認めたくないという思いがあるのではないかと、私は感じています。それは、東京裁判そのもの、そしてサン フランシスコ平和条約から始まった戦後の国際秩序を否定することにつながります。中韓はもちろん、米国も含めた多くの国が総理の今回の判断に疑問を呈して いるのは、「戦後レジームからの脱却」を唱えてきた安倍総理のこれまでの言動に対して、戦後の国際秩序に挑戦しているのではないかとの疑問を持っているか らだと考えます。
3年前、私は、原子力災害対策基本法に基づく強大な権限を持つ総理の補佐官として、実質的に現場に指示できる立場にありました。3月17日までの緊 迫した場面では、何度も自分自身が水を入れに行きたいという思いに駆られましたが、私が行ったところで現場では何の役にも立ちません。苦しい判断でした が、東電社員や自衛隊の人たちに、危険な場所に行って作業してもらうしかありませんでした。あの時、現場に犠牲が出ていたら、犠牲者は国家によって弔われ るべきです。しかし、判断ミスで犠牲者を出したとしたら、政治家である私は弔われる資格はありません。戦争責任者たちは本当に靖国に祀られることを望んだ だろうか。そんな思いが当時の私の頭に浮かんでいました。
総理の靖国参拝以上に、私たちが留意すべきは、1979年にA級戦犯合祀が判明してから、天皇陛下が一度も靖国参拝されていないという事実です。命 をささげた英霊の多くが最も望んでいたであろう陛下の参拝が途絶えたままです。陛下に戦争責任が及ぶことを恐れていた多くの戦争責任者たちは、このような 事態を望んでいたでしょうか。
私 の祖父は、生前、戦死した弟のことをよく話していました。光男さんは、日露戦争に従軍していた曽祖父の勧めで志願して海軍に入隊し、1944年11月、南 シナ海で魚雷に撃沈されて16歳で亡くなりました。もちろん遺骨は戻ってきていません。我が家は「義殉」と刻まれた光男さんの墓と遺影を今でも大切に守っ ています。長男として戦争には行かず家を守ることになった祖父は、私に対して戦争責任者のことを良く言っていませんでした。戦争の責任は、小学校しか出て いない貧しい農家であった私の祖父のような国民一人一人にもあったという議論もあると思います。高校生のとき、一度、祖父にその議論を吹っかけたことがあ ります。孫に対してですら厳格だった明治生まれの祖父が、私の問いかけに沈黙する姿を見て、「マズイコトヲイッテシマッタ」と後悔しました。光男さんのよ うに「行かされた者」や祖父のように「行くことを認めた者」と、戦争責任者のように「行くことを指示した者」を同列に扱うべきではありません。
明治以降のわが国の歴史的な経緯から見て、靖国神社は英霊の慰霊の場としてふさわしいところです。新たな追悼施設をつくるという議論がありますが、 靖国神社に代わる場にはなりえませんので私は反対です。戦争遺族を持つ私は、靖国神社に個人として行きます。ただ、静かに参拝できる時期を選び、戦争責任 者とは区別して、国のために命を落とした人々に手を合わせることにしています。
政治家は時として重大な決断を迫られます。だからこそ、世の中の空気に左右されることのない見識と胆力が必要です。また、その重大性に鑑みれば、靖国を巡る戦争責任の問題からも逃げるべきではないと私は思うのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
358位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
155位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR