スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【朝日新聞】瀬戸内寂聴さん「軍靴の音が大きくなっていった時代に戻りつつある。秘密保護法に反対。残りわずかな命を捧げる」

人間、晩節を汚したくは無いものである。
この人の顔相は年々ひどくなるとの、評はそのとおりだと思う。

朝日新聞の意見を表明するなんて、著名人には取り分け嬉しい事かもしれない。

軍靴の足音なんて、普通は聞こえない。

瀬戸内幻聴である。


【朝日新聞】瀬戸内寂聴さん「軍靴の音が大きくなっていった時代に戻りつつある。秘密保護法に反対。残りわずかな命を捧げる」
2014/01/11/ (土) | edit |
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-12248.html

img_176309_12113873_0.jpg【秘密法反対「残りわずかな命を捧げる」瀬戸内寂聴さん】

年内に施行される特定秘密保護法に対し、作家の瀬戸内寂聴さん(91)が「若い人たちのため、残りわずかな命を反対に捧げたい」と批判の声を上げた。10日、朝日新聞のインタビューに答え、自らの戦争体験から危険性を訴え、廃止を求めている。
引用元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1389415622/
ソース:http://www.asahi.com/articles/ASG1B76MLG1BPTIL03S.html

1 名前: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2014/01/11(土) 13:47:02.03 ID:???0
★秘密法反対「残りわずかな命を捧げる」瀬戸内寂聴さん
2014年1月11日04時02分

年内に施行される特定秘密保護法に対し、作家の瀬戸内寂聴さん(91)が「若い人たちのため、残りわずかな命を反対に捧げたい」と批判の声を上げた。10日、朝日新聞のインタビューに答え、自らの戦争体験から危険性を訴え、廃止を求めている。

表面上は普通の暮らしなのに、軍靴の音がどんどん大きくなっていったのが戦前でした。あの暗く、恐ろしい時代に戻りつつあると感じます。

首相が集団的自衛権の行使容認に意欲を見せ、自民党の改憲草案では自衛隊を「国防軍」にするとしました。日本は戦争のできる国に一途に向かっています。戦争が遠い遠い昔の話になり、いまの政治家はその怖さが身にしみていません。

戦争に行く人の家族は、表向きかもしれませんが、みんな「うちもやっと、お国のために尽くせる」と喜んでいました。私の家は男がいなかったので、恥ずかしかったぐらいでした。それは、教育によって思い込まされていたからです。

そのうえ、実際は負け戦だったのに、国民には「勝った」とウソが知らされ、本当の情報は隠されていました。ウソの情報をみんなが信じ、提灯(ちょうちん)行列で戦勝を祝っていたのです。

徳島の実家にいた母と祖父は太平洋戦争で、防空壕(ごう)の中で米軍機の爆撃を受けて亡くなりました。母が祖父に覆いかぶさったような形で、母は黒こげだったそうです。実家の建物も焼けてしまいました。

http://www.asahi.com/articles/ASG1B76MLG1BPTIL03S.html



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
293位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。