12・31衝撃の視聴率・・・フジテレビ ショック0%台

この記事は、既存のテレビ局が、広告収入を絶たれたとの説明が成り立つ。
つまり、テレビの死を意味する。




12・31衝撃の視聴率・・・フジテレビ ショック0%台

公開日: 2014/01/07 14:00
http://syuzyou.info/archives/2636

4日発行(一部地域を除く)本紙3面に掲載された視聴率をめぐるフジテレビ明暗の記事に、
大みそかに放送された2番組の苦戦ぶりが書かれている。

2番組は「祝! 2020東京決定SP」(午後7時~)と「1964~2020」(同8時55分~11時45分)。

ビデオリサーチ調べによるNHK紅白歌合戦(同7時15分~11時45分)の放送時間帯の毎分視聴率データが6日公表され、
各紙がこれを基に歌手別視聴率の推移などを報じているのだが、このデータには他局の視聴率も出ており、
東京五輪をテーマにした上述2番組の時間帯に驚くべき数字が並んでいた。

「祝! 2020東京決定SP」は7時15分から終了まで、0・8%から4・5%の間を推移。0・8%を記録したのは4回ある。
その4分について他局はというと、ボクシング中継が中心のTBS「年またぎスポーツ祭り」が13・6~14・3%。

テレビ朝日「今年スゴかった人全員集合テレビ」は2・2~3・4%。日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」は17・2~19・7%。
テレビ東京「年忘れ!にっぽんの歌」は3・4~4・4%。そして紅白が39・2~40・4%。

こうしてみると、フジの0・8%は衝撃的な数字と言える。

続く「1964~2020」も0・7~4・4%と低迷。当初はおおむね1%台を保っていたが、
9時55分に再度の1%割れとなると、10時2分と4~6分の4回で0・7%を記録した。

午後11時前からじわじわと上昇し、11時7~9分の4・4%でピークに。
他局はほとんどが同じ番組の継続で、10時2分と4~6分の時間帯、TBSは5・9~7・7%。
テレビ朝日は4・5~5・1%。日本テレビ15・8~18・5%。NHKが44・3~47・3%。

9時半にボクシング中継に切り替わったテレビ東京は5・4~7・4%に数字を上げた。ここでもフジの0%台は際立つ。
http://www.tokyo-sports.co.jp/blogwriter-watanabe/13542/



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
233位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR