<ロシア>ウクライナ軍に最後通告 4日期限の降伏要求



オバマ大統領の得意分野は外交だと始めて知った。

意外感が深い。今日の危機の招来は、オバマ政権の内向的政策に起因していると見ているからである。

ウクライナ動乱の火種は、何処が引いたかも関心の的である。
事態の大きさに比べ、西側は、G8での経済制裁に対抗策が限定されている。




<ロシア>ウクライナ軍に最後通告 4日期限の降伏要求
毎日新聞 3月4日(火)3時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140304-00000006-mai-int

【ブリュッセル斎藤義彦、シンフェロポリ(ウクライナ南部)真野森作】ロシア軍が事実上掌握したウクライナ南部クリミア半島のロシア黒海艦隊は3日、半島 内のウクライナ軍に4日午前5時(日本時間同日正午)までに降伏しなければ攻撃するとの最後通告を出した。インタファクス通信が報じた。一方、欧州連合 (EU)は3日、首脳会議を6日に招集し、それまでにロシアが軍事行動の意図を明確にせず国際的な仲介にも応じない場合、制裁を科す方針を固めた。土壇場 の外交努力が続くが、「欧州における21世紀最大の危機」(ヘイグ英外相)は一層深刻化している。

 ロシア軍のクリミア半島制圧行動は3日も続き、AP通信によると、ロシア軍部隊がクリミア半島東端のケルチのフェリー港を包囲。ウクライナ国境警備隊は ロシア軍の攻撃用ヘリコプター10機と輸送機8機が同半島に着陸したと明らかにした。AFP通信が報じた。ロシア軍航空部隊が相次いでウクライナ領空を侵 犯したほか、南西部ベルベク軍用空港のウクライナ部隊が投降したと伝えられている。ロシア部隊は通信施設も掌握し、携帯電話を含めて通信を妨害していると の情報もある。

 一方、EU外交筋が毎日新聞などに明らかにしたところでは、EU側はまずロシアのラブロフ外相と接触を図り、ロシアとウクライナの暫定政権が直接話し 合って事態を解決するよう働きかける。3日緊急会合を開催したEU外相会議は、全欧安保協力機構(OSCE)や国連などが参加する「連絡グループ」による 仲介を検討しており、ロシアに受け入れを迫る。「連絡グループ」の調査団派遣は2日にドイツのメルケル首相が提案、ロシアのプーチン大統領が同意してい た。

 この仲介が不調に終わり、ロシアから軍事的意図の説明がなければ、制裁を科す。EUはロシア側の意図が、短期的なロシア人保護にあるのか、長期的なクリ ミア半島の支配にあるかを見極めようとしている。長期的な占領や国境線変更があれば「EUとロシアが築いたすべての関係が崩れる事態」(外交筋)と強い憂 慮を示している。

 ロシアは軍事面以外でもクリミアを勢力圏内に確保する取り組みを次々に打ち出しつつ、米欧の圧力に対抗している。メドベージェフ首相は3日、ロシア南部 とクリミア半島東部をつなぐ橋か海底トンネルの建設計画を発表。シルアノフ財務相はクリミア自治共和国への金融支援を実施する方針を明らかにした。

 ロシア外務省は、主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)の参加国7カ国が6月に南部ソチで開くサミットの準備会合への参加凍結を表明したことを、「建 設的な相互関係を築く原則に反する」と批判。ケリー米国務長官がロシアの行動を「侵略」と決めつけたことに対し「受け入れがたい脅しだ」と反論した。

 一方、ヤヌコビッチ前大統領の出身地だったウクライナの東部ドネツクや南部オデッサで同日、州省庁が親ロシア系勢力に相次いで襲撃された。



海軍総司令官は「国家反逆」容疑=無抵抗で武装解除―ウクライナ
時事通信 3月3日(月)6時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00000013-jij-int
 【モスクワ時事】ウクライナ国家安全保障・国防会議のシュマル副書記は2日、親ロシア派のクリミア自治共和国に寝返ったベレゾフスキー海軍総司令官について、最高検察庁が「国家反逆」容疑で捜査を開始したと明らかにした。キエフで地元記者団に語った。
 副書記によると、ベレゾフスキー氏はクリミア半島南部セバストポリで、「ロシアの部隊が参謀本部を包囲した際、抵抗せず武装解除に応じた」ことを理由に総司令官を解任されたと述べた。また、ウクライナ海軍は国防相の指揮下で任務を継続中だと主張した。 



露、クリミア掌握の動き強化…米の撤収要請拒否
読売新聞 3月3日(月)2時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00000106-yom-int
 【モスクワ=緒方賢一、ワシントン=白川義和】ロシア上院がウクライナでの軍事介入を承認したことを受け、ロシア軍は2日、親ロシア系住民と歩調を合わせた形で、なし崩し的にウクライナ南部クリミア半島の掌握の動きを強めている。

 一方、オバマ米大統領は1日、プーチン露大統領と電話で会談し、軍撤収を求めたが拒否され、ケリー米国務長官は制裁に言及した。

 ロシアの軍事介入について、ペスコフ大統領報道官は1日、ロシア国営テレビに対し「大統領はまだ決定を下していない」と述べた。

 ただ、インターファクス通信によると、ロシア軍兵士は2日、クリミア半島南部のレーダー基地とウクライナ海軍訓練施設に入り、同軍関係者らから短銃など の武器と弾薬を押収した。抵抗はなかったとみられ、武器の押収は武装解除に当たる。AP通信は、クリミア自治共和国で2日、ロシア軍とみられる数百人の兵 士がウクライナ軍の基地を包囲したと伝えた。ロシアのナンバープレートを付けた、少なくとも13台の兵員輸送車と装甲車4台が到着し、ウクライナ軍兵士が 出入りできないよう封鎖しているという。
最終更新:3月3日(月)2時4分

 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
615位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
286位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR