スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【痛快!テキサス親父】国連の実態は反日の言い分を垂れ流すマッチポンプ 日本人の敵は日本人だ

【痛快!テキサス親父】国連の実態は反日の言い分を垂れ流すマッチポンプ 日本人の敵は日本人だ
2015.08.14
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150814/dms1508141140006-n1.htm

 ハ~イ! みなさん。日本での講演会ツアーを終えた後、スイス・ジュネーブの国連欧州本部と、パリのユネスコ(国連教育科学文化機関)本部、バチ カン市国の聖ピエトロ寺院などを訪問して、約1カ月ぶりにテキサスに帰ってきたぜ。俺が愛する、日本と日本人の名誉を回復するための戦いだった。

 今回のコラムでは、国連の知られざる実態について紹介したいと思う。

 日本の一部メディアや政党は、いまだに国連を絶対視するような報道やアピールを続けているが、完全に間違いだ。善良な日本人の方々は目を覚ましてほしい。

  まず、国連人権委員会は、NGO(非政府組織)の主張をもとに、対象国の「リスト・オブ・イシュー」(=問題点のリスト)を作り、謝罪や賠償などを求める 勧告を出している。これでは、「NGOの言い分をほぼ垂れ流す、マッチポンプ機関」と言われても仕方ないのではないか。

 これまで参加した日本のNGOには「反日的傾向」が強い組織もあり、国連人権委員会を利用して日本政府に圧力をかける構図ができあがっていた。勧告には法的拘束力がないのに、一部メディアは便乗して政府批判の記事を垂れ流してきた。

 つまり、「日本人の敵は日本人」なんだ。

 今回の女子差別撤廃委員会の準備会合には、日本から5つのNGOが参加した。当然、俺たちが所属している「国際キャリア支援協会」や、主婦による正しい歴史を次世代につなぐネットワーク「なでしこアクション」も含まれている。

  国連が事前にまとめていた書類には、慰安婦問題について従来同様、「謝罪が足りない、賠償が足りない」とあったが、俺たちや、なでしこアクションの山本優 美子代表、次世代の党の杉田水脈元衆院議員は「慰安婦が強制された証拠はない」「慰安婦問題は女性の人権擁護という目的を逸し、外国での『反日政治キャン ペーン』に利用されている」などと、正反対の見解を表明した。

 俺たちの発言を受けて、委員長は「慰安婦問題であなた方のような意見は初めて聞いた。この問題に2つの見方があるとは知らなかった」と驚いていた。そして、「あなた方は日本政府の意向で動いているのか?」と聞いてきたので、「まったく違う」と返答した。

 後日、委員会がまとめた日本政府への「リスト・オブ・イシュー」には、「『慰安婦を強制した証拠がない』という意見を聞いたが、きちんと説明してほしい」との記述が入っていた。

 さらに、在日韓国・朝鮮人だけをヘイトスピーチの対象としていたが、「マイノリティー」(少数派)に置き換えられていたぜ。

 ぜひ、日本政府は正しい対外発信を行い、俺たちの努力を無駄にしないようにしてほしい。

 朝日新聞が大誤報を認めたこともあり、多くの日本人が「慰安婦問題の真実」に目覚めた。今後は「国連の実態」にも目を向けてほしい。もう、国連を「日本たたき」に利用していた連中の好き勝手にはさせないぜ。

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。

 では、また会おう!

 ■トニー・マラーノ  評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行ってい る。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。自著・共著に『テキサス 親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』『素晴らしい国・日本に告ぐ』(ともに青林堂)など。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

tourokurad

Author:tourokurad
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
183位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。